【サンマルサンの口コミ】オナニーがやめられないドスケベビッチとノーマルに貪り合う。

サンマルサン(口コミ)

大抵の男性はオナニーするのが当たり前だったりしますよね。
もちろん個人差はあるでしょうけど、毎日シコシコやってるぜ!という人もたーくさんいると思います。

でもそれって男性だけではありません。
毎日オナニーしまくりなドスケベ女性も結構いるものなんです^^

スポンサーリンク
sanmarusan_無料_アダルトマッチング

オナニーが日課のスケベ女とやりとり

「毎日自分でしちゃってます。。。」

「じゃあもう日課って感じですね」

「まさしくそうです!疲れてる時でもしちゃうんですよね~」

日々オナニーに耽るYさん(26歳・159cm・Fカップ)と、sanmarusanでメール交換。
なにしろプロフィールでも「毎日オナってる」と明かしちゃってますからね。
写メも手ブラとか下着姿とか四つん這いとか、エロいショットが盛りだくさん!
欲求不満の塊って感じですね(笑)

ちなみにYさん、先日遊んだYさんと同じく彼氏持ちです。
でも彼氏が構ってくれない。。。とか、そういう系ではない模様。
むしろ定期的にエッチしているそうです。

「それなのにココ(sanmarusan)で遊んじゃってるの?」

「んー、ぶっちゃけ彼氏だけじゃ物足りない^^;」

「あ!なるほど(笑)」

「それとやっぱりお金も欲しいので。。一石二鳥かなーって♪」

物足りなさが解消できて、お財布の中身も豊かになる。
確かに一石二鳥ではありますが、彼氏が知ったらどう思うことか。。!?
ま、彼女ありの身で遊んでいる僕も人のこと言えませんけどね(笑)

待ち合わせ後すぐさまラブホへ

Yさんとはやりとりの翌日に会い、即ラブホへ行きました。

食事→ホテルという流れが一番多いのですが、
「もうご飯は食べて来たから早く行こー♪」
飯よりも何よりもまずはホテル!パパッとスムーズに済ませましょ!的な雰囲気です。
ここらへんにも、Yさんのアツい欲求不満ぶりを感じます(笑)

ちなみに一見すると、Yさんは決して淫乱女に見えません。むしろビジュアル的には清楚系です。
人って見かけによらないな。。。と、つくづく思いますね。

仁王立ちパイズリで征服欲を満たしつつぶっかけ

ホテルに入ってプレイが始まると、その淫乱ぶりがさらに露わになってきました。
乳首を舐めてもおまんこを舐めても、さらにはアナルを舐めても

「ああっ!あっ!あぁ~~~!」

どこを舐めても身をよじらせながら絶叫です。

おまんこを指でなぞると、そこはもう洪水状態。

「こんなに濡らして。。。スケベだね」

クリトリスを小刻みに、リズミカルに刺激。
Yさんの汁は止まらず、やがて

「あっ!はぁぁっ。。。!」

おまんこが小さくヒクつき、Yさんイッてしまいました。

そんな様子を見ていれば、当然こちらのペニスも元気になります(笑)
しばらくハァハァ。。。とグッタリしていたYさんでしたが、僕のビンビンに上向いたペニスに気付くと

「今度は私が気持ちよくしてあげるね」

白く美しいおっぱいでペニスを挟み込み、ゆさゆさと揺らしながらのパイズリです。
考えてみるとパイズリってそんなにやらないんですが、実際やるとなかなか気持ちいいですね~。

しかし座った状態でのパイズリだったので、いまいち征服感?が足らない。。。(笑)
というわけで、Yさんを膝立ちにさせ、僕が仁王立ちになるスタイルに変更!
やっぱり上から見下ろす形だと、征服欲が満たされてより興奮します。

「Aさんのおちんちん、あっつい。。。」

恍惚の表情を浮かべながら、自らの胸とペニスを上下に激しく擦りつけるYさんは、変態ドスケベ痴女そのものです。
滑らかな肌と柔らかい肉の感触に包まれ、僕のペニスも限界がやってきます。。。

「う、Y、イクよ、いいか、どこに欲しい!?」

「胸、このまま胸にください、AさんのザーメンYのおっぱいに全部ぶちまけてっ!」

「うぅううう、あぁ!!」

お望み通り、Yさんの胸めがけてザーメン射精!
なぜかいつもより多めの量が出ました。

「すごい、いっぱい出てる。。」

胸の谷間に精液をドクドクかけられ、Yさんはまた恍惚の表情を浮かべてみせるのでした。。。

その後もYさんと2回戦、3回線と本●を楽しみ、今回は比較的ノーマルな感じのプレイで出し尽くしました。

本日の感想

ホテルから出た後のYさんは、「今日は夜寝る前にオナニーしなくてすみそう♪笑」とニコニコ満足げでした。
もちろん僕も大量に出せてスッキリです(笑)

今回は事前のやり取りで「SM系はNG」とお断りされましたが。。。
基本的にとてもエロイ女性なので、会う回数を重ねればSMチックなプレイもOKしてくれそうです。
おっぱいも白くて綺麗でしたが、お尻もツルツル真っ白で綺麗でしたからね~。
いずれあの美しきホワイトヒップを、ほんのり赤く染め上げられたら。。。と思う次第です(笑)