【サンマルサンの口コミ】アナル攻め大好きな変態女のケツ穴にバイブをぶっ挿すと。。

サンマルサン(口コミ)

sanmarusanのおかげで定期的に自分の性癖をさらけ出せているからでしょうか?
なんだか最近充実しているというか。。気持ちに余裕が出てきている感じがします。
しまいには彼女に「最近なんかいいことあった?」と聞かれてギクッとしたり^^;
やっぱり充実感が自然と滲み出ちゃうんでしょうかね。それともいわゆる「女のカン」的なやつでしょうか?

しかしここでビビッてやめることはしません(笑)
引き続き彼女に隠れて遊んじゃいますよ~ということで。。
今回も変態アナルプレイ歓迎な25歳の女性と楽しんできました^^ゞ

スポンサーリンク
sanmarusan_無料_アダルトマッチング

ちょっとキツそう?だけどもM

責めるよりも責められたい。。
そんなドM願望を持つPさんとアポを取り、仕事終了後に待ち合わせ。

5分くらい遅れてPさんが登場し、「こんばんは~」とご挨拶。

「やっぱりメールと違って実際に会うと緊張しますね」とPさん。

「僕もPさんが美人なんで緊張します(笑)」

「えっ(笑)そんな美人じゃないですよ~」

いやいや、なかなかの美人さんです。
髪色は茶色ですが、全体的には落ち着いていて大人な雰囲気。
身長も女性にしては高め(162cm)で、体型的には細すぎず太すぎず。
ほどよい肉付きの理想的なスタイルと言えるでしょう。。。

この日は車だったので、Pさんを助手席に乗せてホテルへ移動。
着くまでは車内でテキトーにトーク。
やっぱり話す時間があった方がお互い緊張がほぐれていいですよね。

「なんか私キツく見られがちなんですけど、そう見えます?」

「ああ、確かにちょっとそう見えるかもね~」

「やっぱりそっかぁ。。」

「多分それは綺麗だからじゃない?美人って冷たく見えるって言うし(笑)」

「う~ん、ポジティブ思考(笑)」

「そうそう(笑)でも実際そうだと思うよ。ていうかモテるでしょ?」

「ぜんっぜん!男運ないなぁーっていつも思ってますよ~」

ややキツそうに見えても、話してみると優しいカンジ。
美人でスタイルもGood、そのうえMとくれば文句なしですね^^

舐めはNG、入れるのはOK!

Pさんみたいな「一見キツそうだけど中身はM」という、ギャップのある女性はそそられます。
そういう女性が責められてヒーヒー言ってるのって興奮するよな。。と(笑)

首筋→乳首→おまんこと、上から順に丁寧に舐め、Pさんの秘部を濡らしまくります。
本音を言えばこの流れでアナルへと移動したかったのですが、「お尻の穴舐められるのはちょっと無理。。」だそうなので、アナル舐めはなし。
ただバイブ突っ込んだりはOKなんですよね。

「舐められるのは嫌だけど入れられるのはいいの?(笑)」

「だって。。。『うわ!こいつの穴、苦っ!』とか思われたら嫌じゃん」

「ウハハ(笑)でもちゃんと洗ってるでしょ?」

「洗ってるけど!でもなんか。。気分的にだめ~^^;」

確かに「この前舐めたアナルは苦かった」みたいな話はたまに聞きますからね。
幸いなことに僕はまだ苦い経験をしたことはありませんし(笑)そんな気にすることないよ~と思うのですが。。。
まあ中には抵抗を感じちゃう人もいるでしょうね。

そんなわけで、舐めはなしでバイブやディルドで尻穴を刺激。
ただ、Pさんはディルドよりバイブの方が気に入ったようです。
やっぱり振動がたまらないんでしょうか。
最初は「ん。。。」程度でしたが、だんだん振動を強めていくと、尻を小さく振りながら激しく感じまくり、

「ああああ、すごい、すごいよぉぉ」

「何がすごいの?どこが気持ちいいの?ちゃんと言いな」

「全部、全部気持ちいい、下半身全部気持ちいいいいい!」

う●こが出てくる穴にバイブ突っ込まれてヨガるだなんて、全くはしたないですね~。
「尻穴で感じるメスブタだね」などと罵りつつ、バイブを引っこ抜いて再びクンニ再開。
さっきも十分濡れてましたが、もっともっとびしょ濡れ大洪水になっているので舐め甲斐があります^^

「あぁぁ。。。あっ、あっ、あ!」

可愛い声をあげ、身体をピクピクさせながらPさんイッてしまいました。。。

本日の感想

「どうしても(アナルを)舐めるのはダメ?」

「う~~ん。。。」

最初は即答でダメ!でしたが、プレイが終わった後に再度聞いてみるとちょっと迷っている様子でした。
これはあと一押しでアナル舐めもイケそうな予感。。。!?(笑)